不動産買取を福井で行う際に知っておきたいこと

福井で不動産を売却する際には不動産買取についてきちんと理解しておく必要があります。不動産の売却方法には「仲介」、「買取」の2種類があります。一般的な売却方法である仲介との最大の違いは、売却したい土地をだれが買い取るのかということです。仲介であれば、その土地を必要とする一般の買い主と売り主の間に仲介業者が入って売却条件などを交渉し、売買が成立する流れになります。ところが買取は、不動産業者や買取を専門とした業者がその不動産を直接買い取る、つまり買い主が個人ではなく不動産会社になるわけです。ですから、不動産会社が自社の資本で取引するため、売り主に相場よりも低い価格を提示するような利益相反を回避する必要があります。信頼できる不動産会社を探すことも重要なポイントになります。

不動産買取のメリット・デメリット

福井で初めて不動産買取をする方は、本当にこの方法で良いのかなど不安なこともあるかと思います。ですが、メリット・デメリットをしっかり押さえておけば大丈夫です。不動産買取のメリットはやはり、短期間で売却できるという点です。相手は不動産会社と決まっているわけですから、一般の買い主を探す必要がありません。その分早期の現金化が望めて、資金計画が立てやすくなります。そしてもちろん仲介手数料もかかりません。また、買い主を探すための内覧が不要になります。一方でメリットは、仲介に比べて、売却価格が低くなってしまうところです。これは不動産会社が、買い取った物件をリフォームして再販するために、リフォーム費用や人件費などの費用を差し引いて算出するためです。相場としては仲介の70~80%程度になります。時間があまりかけられない人などは買取がおすすめです。

買取を行っている不動産会社の選び方

実際に買取を行う場合には、まず福井で不動産買取を行っている不動産会社を探さなければなりません。ただ、買取は仲介と違って不動産会社が資金を出して、不動産という在庫を抱えることになりますので、あまり資金を持っていないような小さな不動産会社では買取自体行っていません。ある程度資金がある大きな不動産会社を探す必要があります。そこで、インターネットで不動産一括査定サービスを利用することをお勧めします。インターネット上で個人情報と不動産情報を入力するだけで、いくつかの不動産会社が査定をしてくれるサービスです。そもそも買取を行っていない不動産会社に連絡してしまう手間が省けますし、一括で査定をしてくれるので効率的です。その中からいくつかの会社を選び、実際に営業マンに合って話を聞いたり買い取り実績や口コミを調べてみたりして、信頼できる不動産会社を選びましょう。