知っておきたい福井の不動産買取の現状

急遽転勤が決まったなどの理由で、不動産を急いで売却しなければならない事情ができることがあります。不動産を売却する方法といって一般的に思い浮かぶのは、不動産会社に仲介してもらって買い主を探す方法です。不動産会社のチラシや物件情報のサイトに情報を掲載して買ってくれる人を探します。しかし、不動産会社や買取会社に不動産買取をしてもらう方法もあります。この方法ですと、一切広告が出ません。仲介で買い主を探すよりも手続きが簡単なのが特徴ですが、あまりなじみのない方法のため、どの業者に依頼すべきなのか、買取価格は適正なのかよくわからないという方もいらっしゃいます。そこで、福井で不動産買取を行う時に知っておきたい基礎知識や、売却時に損をしないためのポイントなどを説明していきます。

不動産買取で売却する特徴とメリット

仲介で売却する場合と比べて、福井で不動産買取を利用して売却する場合は短期間での売却が可能です。買取の場合は、現金化できるまでが数日から数週間ですが、仲介の場合は3か月前後かかることが多いです。人それぞれ不動産を売却する理由は違います。中には人に知られたくないという方もいます。買取の場合は不動産会社との直接取引となるため、広告を行わずに売却が可能です。そのため、他人に知られずに売却することができます。不動産を買い替える時などで早く資金調達をする必要がある場合、買取してくれる会社が決まればすぐに現金化できます。仲介の場合、1年以内は瑕疵担保責任がありますが、買取の場合は、瑕疵担保責任が免除されます。仲介の場合は仲介した不動産会社に報酬として仲介手数料を支払います。しかし買取の場合は仲介手数料が必要ありません。

不動産買取で注意しなければならないこと

福井の不動産買取で売却する場合、仲介で売却する場合と比べて売却価格が低くなります。不動産会社に買取してもらう場合、不動産会社はその物件をリフォーム、リノベーションを行った上で販売するのが一般的です。そうして物件を売りに出した時の販売価格からリフォームにかかる費用、金融機関から融資を受ける場合の事務手数料、売り主からもらえない仲介手数料、不動産会社の利益などを差し引いた額が買取価格となります。そのため、仲介で売却するよりも安くなってしまいます。一般的に、買取価格の相場は市場で売却する時の価格の60%ほどと言われています。しかし、人気が高いエリアであれば業者も買いたがる傾向にありますので、高めの買取価格で交渉すると良いです。ある程度時間に余裕があれば、買取保証をしてくれる業者に依頼すると良いです。